FC2ブログ

野菜生活2005

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2夜連続ピース

しゃべくり見た!
2人のテンパリ具合に死ぬほど笑った!
後半のトークより、登場の様子が一番おもしろかった。

又吉さんの声の大きさがあり得なかった。
あんな大声でしゃべる子じゃないのに!

エロの爪痕は残せた気がします。
新しく開いた扉に関しては、あまり深く考えない方向で(笑)
森のリスってなんだ。



さて、日曜は神保町花月に『咆号』を見に行きました。
ノブシコブシ、ピース、渡辺直美さん出演のお芝居でしたー。

追記であらすじ。
神保町のHPより転載したので、よければ。
あらすじっていうより、本編の要約です(笑)
すごい綺麗にまとめてある(笑)
繋がりのあ3つのオムニバスでした。


又吉さんの好きな本の傾向が分かるお話でした。
叙述トリックを入れてきてたなー。
あと、伏線をかませといて、
最後にひっくり返すのもお好きなようで。

その、最後の「ひっくり返し」へのステップが
いきなりすぎる感がありましたが
そこ以外は、特に引っかかる点もなく、ものすごくいいお話でした。


主役は、吉村さん。
すべてのオムニバスに出演してました。

●叫びキャラの軍人
●うさんくさいゲイの芸術家
●夫に尽くして内職をする妻
●奥さん大好き・草食系メガネカーディガン男子
を演じ分けてましたー。

びっくりした。すごくよかった。
吉村さん、そんな好きじゃないのに(←)
とくに最後のメガネカーディガン男子可愛かった。
あと、テレビとかで見るより、ずっと美人でした。


徳井さんは笑い顔が最高に怖かったです。
サイコという噂は聞いていましたが
「こういうことか」と。


綾部は細かったです。もう華奢!!
顔ちっちゃくて、スタイル良かったなー。
腰とか、おしりとかすごいキュッとしてるの!
レディースとか着れちゃうんだろうな。
見ててむかつきましたよ。
でも、やっぱ小さかったです(笑)


又吉さんも小さかったなー。
でも、綾部とはまた違う小ささ、というか。
綾部はフィギュアのスケールが小さくなった感じ。
又吉さんは、なんらかの小さい妖怪のようでした。(褒めてる)
本の妖怪とか、狐の妖怪とか。(褒めてる)
覇気とか生気がなかった。可愛かった。(褒めてる)


あと、生でピースを見てつくづく思ったけど
なんであの2人ってコンビなんだろう・・・。
放つオーラが違いすぎる。変わり者って共通点か?


渡辺直美さんはキュートでした!
バックにヒマワリが見えた・・・。
まぶしかったでした。
渡辺さん、芸歴3年目だそうで!マジか!
すごく芸達者で、面白い人でした。

******************


お話は、序章・咆号①・咆号②・咆号③のオムニバス形式でした。
さらに「咆号」というタイトル通り、章の最後は必ず叫びで終るというもので
それぞれのお話は間もなく世界が終る直前です。


序章は戦争中。世界の終わりを迎えても敵に勝つため
ミサイルのボタンを押そうか迷っている4人(直美さん以外)の兵士の話でした。
結局ボタンは押され世界は終わり、4人の咆号が響きました。


咆号①は前衛芸術家達の話。
三浦太一(吉村さん)と付き合っている久米淳(綾部さん)は
間もなく世界が終ろうとしている時痴話げんかを始めます。
原因は三浦の浮気。
浮気相手は織田(又吉さん)というホームレス。
絶望した久米は三浦と一緒に描いた前衛的な絵を破きます。
するとその絵の下から織田の裸体絵が現れ…。
3人の咆号が響きました。


咆号②は夫婦俳句の話。
毎日内職に追われる疲れた主婦ようこ(吉村さん)は
俳句を仕事にしている夫さとし(徳井さん)にあいそを尽かしていました。
幸せな結婚生活を夢見た私はこれからどうすればいいの!
そう怒るようこに、さとしもお前に幸せになって欲しいから俳句を
続けているんだと激昂します。

さとしの真剣な俳句への思いに気付いたようこは
それ以上責めることを止めました。
さとしもようこを幸せにするために働くことを決意します。

そして3年後。
さとしは亡くなり、ようこの元にようこの弟の淳(咆号①の久米淳)がやって来ます。
そして亡くなったのはさとしではなく、姉さん(ようこ)だと告げます。

さとしは妻が亡くなったのは自分のせいだと思い、ようこの格好をして
自分を責め続けていたのでした。
(つまり今までようこを演じていた吉村さんの役が入れ替わり
吉村さんはさとしを演じていたという事)

淳はさとしに、過去唯一出版した句集を渡しに来たのでした。
それはようこが大事に持っていたもの。
私が死んだら、夫に渡して欲しいと弟に託していたものでした。
句集を受け取ったさとしの咆号が響きました。



咆号③は妊婦の話。
平田しげる(吉村さん)と中原めぐみ(直美さん)は夫婦で出産間近。
世界が終る前に、赤ちゃんにビデオレターを残そうとします。
せっかくだからと知り合いや友達を呼んで、皆にメッセージをもらおうと
言うことになりました。

やって来たのは久米淳・さとし(咆号②の夫)・織田(咆号①のホームレス)。
(淳だけはたまたま隣人)
やがてこの世界は誰かの頭の中なのではないか?
という疑問が5人に浮かびます。
世界が終るのは誰かが絶望しているからなのでは…。

ここで、織田は書いた事が本当になるノートを取り出します。
ひょっとしたら、めぐみのおなかの中の赤ちゃんが絶望しているんじゃないか。
そう思った5人は、世界が終らないようにノートに書きます。

「世界は素晴らしい」「赤子は生まれる…」

子供は無事生まれ、世界は始まり物語は終ります。

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。